青汁に欠かせない明日葉に高い効果があるカルコンとは

この記事は1分で読めます

 

青汁明日葉の効果が凄い

 

 

今や青汁の原料として欠かせない野菜となった明日葉には、沢山の栄養素が含まれ、その栄養価は緑黄色野菜の王様といわれるケール以上ともいわれています。

 

 

明日葉特有の葉や茎から出る黄色い汁には、カルコンという明日葉特有のフラボノイドの一種やクマリンが含まれています。

 

 

カルコンは高い抗酸化作用とがん抑制作用があり、内臓脂肪を減少させて動脈硬化を抑制する善玉ホルモンを活性化させ、血中コレステロール値を抑える働きがあります。

 

 

クマリンには抗菌作用やアルツハイマーの予防と言った効果があります。

 

 

抗発ガン作用や動脈硬化の予防効果で知られるβカロテンは、ほうれん草やケール以上含まれ、体内でビタミンAに合成されて髪や目、皮膚や粘膜などの健康維持、呼吸器疾患の改善効果などが高いとされています。

 

 

豊富なビタミンCとの相乗効果で、皮膚の再生も活性化されてシミやしわの改善や肌荒れ防止といった美肌効果もあります。

 

 

便秘解消のために青汁を飲んでいる方も多いと思いますが、明日葉の植物繊維は、何とほうれん草やケールの2倍と豊富に含まれています。

 

 

また、自律神経を整えたり、腸の蠕動運動を活発にさせるビタミンB1、食物繊維の働きをアップさせるビタミンCの作用により、より高い便秘解消効果が得られるのです。

 

 

免疫力をアップさせるビタミンCやビタミンEも豊富なので、風邪の予防や口内炎など各種炎症の予防や改善にも効果的です。

 

 

生活習慣病や老化を予防して元気&綺麗に過ごすには、明日葉は欠かせない食材なのです。

 

 

⇒明日葉や大麦若葉を使った新しい青汁

 

 

関連記事

  1. 青汁でマグネシウムを摂ろう!不足しがちな万能成分
  2. カロテンが多い野菜を使った青汁が目の症状を緩和する
  3. 明日葉とは、青汁の原料で栄養価が高いと評判の野菜

おすすめカテゴリー記事

  1. 青汁を購入するなら通販がおすすめ3成分の効果とは
  2. 明日葉とは、青汁の原料で栄養価が高いと評判の野菜
  3. 緑汁のCMで多くの人が変われた東大生まれの「ミドリムシ」
  4. ユーグレナファームの緑汁に59種類もの栄養素が身体に効く
  5. 青汁で妊婦さんの悩み便秘をしっかり解消
  6. 緑汁のCMで多くの人が変われた東大生まれの「ミドリムシ」
  7. 大麦若葉の青汁マイルドな味わいで飲みやすい
  8. ユーグレナ(ミドリム)の副作用と効果効能を効率よく摂取するには
  9. 青汁でミネラル摂ろう!体調を整える貴重な成分

アーカイブ