大麦若葉の栄養が現代人の不調をすっきり解消させる

この記事は4分で読めます

 

大麦若葉の栄養

 

最近青汁の原料として注目を集めている大麦若葉には、どんな健康効果があるのでしょうか?

 

 

大麦若葉の注目の栄養素は、何と言っても善玉菌を増やして腸内を綺麗に保ちスッキリを実現してくれる食物繊維ですが、なんとキャベツの15倍も含んでいます。

 

 

カルシウムは野菜でありながら牛乳の10倍、女性に必須のビタミンで貧血や動脈硬化などを防ぐとされる葉酸はブロッコリーの5倍と、少量でも貴重な栄養が手軽に摂れる野菜なのです。

 

 

他にも、女性に不足しがちで貧血を予防する鉄、皮膚や粘膜を健やかに保つ亜鉛、ムクミを解消してくれるカリウム、赤血球や骨の形成をサポートする銅、酵素を活性化してカルシウムの吸収をサポートするマグネシウムなどのミネラル類も豊富に含まれています。

 

 

さらに、筋肉や骨を形成し、コラーゲンの元となって美肌を叶えてくれるアミノ酸も豊富に含みます。

 

 

必須アミノ酸のトリプトファンは、鎮痛作用を持つ神経伝達物質の原料になるので、鎮静効果があります。

 

 

アラニンは、アルコールを分解する作用があって肝機能を強化し、運動代謝に欠かせないアミノ酸です。

 

 

さらに注目の栄養素がSOD酵素で、高い抗酸化作用があり、コレステロールと結びついて体細胞を傷める活性酸素を除去して細胞の健康を維持してくれます。

 

 

この働きによって動脈硬化の予防、高血圧の改善、糖尿病の予防や改善といった生活習慣病を食い止める効果が期待されています。

 

 

これらの栄養素によって、大麦若葉を定期的に摂取することで、生活習慣病の予防、美肌効果、冷え性改善、疲労回復、免疫力アップと言った高い効果が見込まれるのです。

 

 

 

青汁が人気になったのは、大麦若葉の栄養

通販青汁が人気になったのは、大麦若葉の力も大きいようです。

 

 

青汁の通販では、大麦若葉という言葉を聞かないときはないといっていいくらいの原料。

 

 

大麦若葉(おおむぎわかば)は、生育していく過程で何度も踏まれても、強く丈夫になる大麦の強い生命力のかたまりの若葉です。

 

 

大麦若葉は、まだ大麦がその穂をつける前、まだ実をつける前の、約20センチほどに生長して青々とした大麦の葉の部分のことです。

 

 

新鮮な若葉だけを収穫した栄養豊富な食品です。

 

 

食物繊維や各種ビタミン、葉酸、カテキン、カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、カテキンやクロロフィル、SOD酵素などといった豊富な栄養素を含んでいます。

 

 

特に、大麦若葉は可食部100グラムのうち、約30グラムの食物繊維が含まれているそうです。

 

 

ビタミンMとも呼ばれる葉酸は、これから妊娠したい女性、妊娠中、授乳中の女性にぴったり。

 

 

絶対に必要な栄養素です。

 

 

赤ちゃんが育つときに神経系の問題が起きるのを防ぐことができるといわれています。

 

 

このように、大麦若葉を毎日の食事に取り入れると、いいことがたくさんあるのです。

 

 

どうしてそんなに人気があるのでしょうか?

 

 

実は大麦若葉は、麦や、野菜や葉っぱの名前ではないんですね。

 

 

大麦や小麦の小さなとき、幼穂期に30センチほど刈り取ってしまったことで得ることが出来るもの別名です。

 

 

あだ名みたいなものでしょうか?

 

 

効能として広く知られているのは、

 

 

大麦若葉の効能1 高血圧の予防

 

大麦若葉の効能2 コレステロール抑制

 

大麦若葉の効能3 がんを予防する効果

 

 

などがあげられていますね。

 

 

実際に、効果は期待できるのか?

 

 

ちょっと調べてみました。

 

 

大麦若葉の効能の秘密は栄養価の豊富さ質の高さにあります。

 

 

ビタミンやミネラル、アミノ酸、食物繊維、葉緑素、酵素などが入っています。

 

 

大麦若葉から栄養をとることは簡単です。

 

 

粉になっている青汁や錠剤になっている青汁が通信販売でたくさん販売されています。

 

 

例えば、同じ栄養素の野菜を買ってきて調理して盛り付けると3時間はかかるでしょう。

 

 

それがたった何秒かで出来てしまうのです。

 

 

また、大麦若葉と同じ栄養を摂ろうと思ったら結構な金額の野菜を複数購入して調理で失われてしまう栄養を考慮すると莫大な量を食べなくてはいけません。

 

 

ビタミンやミネラルといった栄養や摂取の難しい食物繊維が含まれているので、お子様にもホットケーキにまぜてあげたり、パンを焼くときにいれたり、カレーにこっそりいれたり、白玉だんごにしたりと手軽に栄養をとりいれることができます。

 

 

現代の食事は、インスタント食品や加工食品が多いのも事実。

 

 

野菜自体の栄養素も従来の栄養素より減ってきているといわれています。

 

 

特にアミノ酸を摂取することは、成長ホルモンの分泌を促すことにも関係していて栄養だけの問題ではないかもしれません。

 

 

血圧が気になるお父様もカリウムが豊富な大麦若葉で症状を改善できるかもしれません。

 

 

SOD酵素、とても注目されているのでご存知の方も多いと思いますが、活性酸素を分解することができるのです、ガンのもととなる活性酸素を減らすことができるので嬉しいですよね。

 

 

飲みやすさも青汁は、粉末を溶かすタイプ、錠剤で飲み込むタイプの利用ができます。

 

 

通販で簡単に手に入れられるスーパーサプリだと言えるでしょうね。

 

 

青汁選びされるときは、大麦若葉が配合されている青汁を選びたいという方が多いのもうなずけます。

 

 

飲みやすさもメーカーの工夫で昔のようなことはないようです。

 

 

国産原料で、栽培されることが多いのですが海外原料で農薬がきちんと除かれているか?

 

 

ここは大麦若葉といえどチェックが必要ですね。

 

 

大手メーカーの青汁は、国内産で安心な土壌で作られていますが、価格も気になりますね。

 

 

はじめてで悩んでいる方には、大麦若葉配合の青汁が価格も一定しているのでオススメです。

 

 

粉末のものはスティックタイプがほとんどなので、ランチのときにペットボトルにいれたり持ち運びなども便利になっているようです。

 

 

⇒有機大麦若葉末を使用した新しい青汁

 

 

関連記事

  1. 大麦若葉の青汁マイルドな味わいで飲みやすい
  2. 青汁で食物繊維をたっぷり摂りたいならしっかり選ぼう
  3. カロテンが多い野菜を使った青汁が目の症状を緩和する

おすすめカテゴリー記事

  1. 明日葉とは、青汁の原料で栄養価が高いと評判の野菜
  2. 明日葉青汁のランキング女性に人気のベスト4はコレ!
  3. 青汁でアンチエイジング!毎日飲んで身体の内面から
  4. 青汁を購入するなら通販がおすすめ3成分の効果とは
  5. カロテンが多い野菜を使った青汁が目の症状を緩和する
  6. 青汁で妊婦さんの悩み便秘をしっかり解消
  7. 青汁でマグネシウムを摂ろう!不足しがちな万能成分
  8. 大麦若葉の青汁マイルドな味わいで飲みやすい

アーカイブ