カロテンが多い野菜を使った青汁が目の症状を緩和する

この記事は1分で読めます

 

カロテンが多い野菜

 

「最近細かいものを見ると目がかすむ」

 

「夜になると特に物の見え方が悪い」

 

 

と感じている方は、視力の維持に欠かせないカロテンが不足しているかもしれません。

 

 

カロテンは皮膚や粘膜を保護して乾燥やダメージから守る作用があり、視力の維持向上にも効果的なので夜盲症や乾燥眼炎を予防してくれます。

 

 

また、目の健康だけでなく、抵抗力をアップさせて成長を促進する作用もあるので、ストレスが多い現代人には不可欠な成分となっています。

 

 

カロテンは、人参やほうれん草、ピーマン、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれていますが、欧米化が進む食生活が中心では不足しがちですし、さらに最近の野菜は昔のものに比べて栄養価が劣り、物によっては半分程度にまで下がっているものもありますので、普段の食事だけで必要量を確保するのが難しくなっています。

 

 

また、カロテンは熱によって分解してしまうので、加熱調理をするとせっかくの栄養分を摂取できないことがあります。

 

 

とはいえ、サプリメントで摂取すると、脂溶性のカロテンは過剰摂取で健康に害を及ぼす危険性があるのでおすすめできません。

 

 

カロテンを効率的に摂取するには、加熱処理をしていない青汁がオススメで、青汁にはケールや明日葉、大麦若葉などの緑黄色野菜が多く含まれ、カロテンも充分に摂取できます。

 

 

手軽に飲める青汁なら、毎日しっかり続けられて目の健康もしっかり維持向上させることが可能です。

 

 

⇒カロテンを含む栄養素をバランス良く補える

 

 

関連記事

  1. 青汁で妊婦さんの悩み便秘をしっかり解消
  2. 大麦若葉の青汁マイルドな味わいで飲みやすい
  3. 明日葉とは、青汁の原料で栄養価が高いと評判の野菜
  4. 青汁でビタミンK、C、A、D、E、B1を摂ろう!

おすすめカテゴリー記事

  1. 青汁でビタミンK、C、A、D、E、B1を摂ろう!
  2. 青汁でカリウムをチャージ骨を強く身体を整えてくれる
  3. ユーグレナ(ミドリム)の副作用と効果効能を効率よく摂取するには
  4. 緑汁のCMで多くの人が変われた東大生まれの「ミドリムシ」
  5. 青汁でカルシウムを毎日しっかり補おう!
  6. 青汁で食物繊維をたっぷり摂りたいならしっかり選ぼう
  7. ユーグレナの便秘解消ドリンク特有成分パラミロンが効く
  8. 青汁を購入するなら通販がおすすめ3成分の効果とは
  9. 青汁で貧血対策!鉄分を毎日しっかり摂ろう

アーカイブ