青汁でマグネシウムを摂ろう!不足しがちな万能成分

この記事は1分で読めます

 

青汁でマグネシウムを摂ろう!不足しがちな万能成分

 

マグネシウムは、カルシウムと結合して骨や歯を強化して成長を促進させたり、骨粗しょう症を予防したりする働きがあることは有名ですが、使いすぎた筋肉や神経の鎮静作用もあるため、疲労回復にも効果があり、ストレスの多い現代人には欠かせない成分です。

 

 

さらに、マグネシウムには、体内の恒常性を保たせる作用があり、血圧や体温を一定にするので、高血圧を予防し、高血圧による動脈硬化や脳血栓や心筋梗塞といった生活習慣病を未然に防ぐ効果があります。

 

 

マグネシウムは、納豆や豆腐などの大豆製品、玄米やナッツ類に多く含まれますが、一日の必要量が多く、多くの世代で不足しがちで、特に働き盛りの30代では2割ほど欠乏しています。

 

 

毎日バランスの取れた食生活をしていれば欠乏する事はありませんが、食が欧米化した現代では毎日必要量を摂取するのは難しく、ストレスが多く、アルコール摂取が多い場合はより多くのマグネシウムが必要となります。

 

 

そこでオススメなのが、マグネシウムを多く含む緑黄色野菜をたっぷり使った青汁です。

 

 

青汁には数十mgのマグネシウムが含まれていますので、毎日手軽に一杯の青汁を飲むことで、一日分の不足分をしっかり補うことが出来ます。

 

 

さらに牛乳に溶かして飲めば、牛乳にも100ml当たり10mgのマグネシウムが含まれますし、マグネシウムはカルシウムやリンと一緒に摂ると吸収率がアップするのでより効果的です。

 

 

不足しがちなマグネシウムを手軽に摂って、将来の健康を手に入れましょう!

 

 

⇒マグネシウムを多く含む緑黄色野菜をたっぷり使った青汁こちら

 

 

関連記事

  1. 青汁でカルシウムを毎日しっかり補おう!
  2. 明日葉青汁のランキング女性に人気のベスト4はコレ!
  3. 青汁を購入するなら通販がおすすめ3成分の効果とは

おすすめカテゴリー記事

  1. ミドリムシ効果効能は美容&健康をアップ
  2. 青汁で妊婦さんの悩み便秘をしっかり解消
  3. 青汁でビタミンK、C、A、D、E、B1を摂ろう!
  4. 糖尿病に明日葉の成分に含まれる「カルコン」が注目!
  5. ユーグレナに危険性はないの?
  6. ユーグレナファームの緑汁に59種類もの栄養素が身体に効く
  7. 緑汁のCMで多くの人が変われた東大生まれの「ミドリムシ」
  8. ユーグレナ(ミドリム)の副作用と効果効能を効率よく摂取するには

アーカイブ